2014年05月17日

松浦先生

塾講師といえば、「朝から晩まで起きている間は勉強しろ!」と
無理を強要するような人を想像されるかもしれません。
これを書いている講師松浦もそうした教育を受けてきました。
しかし、大学のクラスメイトを見ていると、
どうにもこれが少数派であることがわかります。
その日に習ったことをノートと教科書を見て確認し、翌日に質問するような
疑問がないか考えながら問題を解く。
これを(その日にあった科目)×10分程度 やっておけば良い。
ここからが重要なのですが、「その時間だけは勉強のことだけ考える」
ということです。スマホやゲーム機などご法度です。
この短期集中を毎日続けることが最近の流行のようです。
これは巷で言われる「部活引退組は伸びやすい」に通じるものがありますね。
日常的に「集中する」ことが身についていれば、体力の続く間は
それが発揮されることがあるということです。
1日5分からでも「全力集中」を実践してもてはいかがでしょうか。
posted by 講師 at 14:31| Comment(0) | 日記